FC2ブログ

2012-06

自主トレ[十三峠・奈良・南港]【大阪】

IMGP0241.jpg
Team-M Iibuchiです。

本日は、大阪へ移動して初めての休日。
早速自主トレに行ってきました。

目的地は、大阪のヒルクライマーの聖地(とのWeb情報)十三峠and奈良です。
(ソース 関西ヒルクライムTT 峠資料室 十三峠

前日、夕方から寝てしまったため、深夜に目が覚めてしまい。
まったく寝付けないため、朝4時に出発。

普段は車で混み合う道も、さすがに車通りは少なく快適。
10kmほど走って、最初の目的地十三峠の麓に到着です。
十三峠は、標高差375m、距離4.0km、平均斜度9.2%の結構きつい峠道です。

途中、ベテランと見受けられるクロスバイクの方が先行しているのを確認。
がんばって追いつこうとしましたが、逆にちぎられました。

十三峠のレコードから9分遅れで峠に到達。

少しきつめの坂が続くと足がだれてくるので、
ペース配分と脚力の底上げの必要性を認識です。

次の目的地は、東大寺。

峠を越え、これでもかとアップダウンが続く丘陵地帯に突入です。

十三峠を越えた足は、そこそこ売り切れ状態。
へろへろと走っていきます。

途中、なぜか阪奈道路に突入。
降りたくてもなかなかインターが無く、少し怖い思いをしました。
入り口に自転車新入禁止の看板が無かったので、中には走る人もいるのだろうけど
私は二度とごめんです。

IMGP0243.jpg
7時頃東大寺へ到着。
やたらとでかい門です。
大仏殿は昔見たはずなので今回はパス。

IMGP0254.jpg
鹿もいっぱいいました。
時間が早すぎたので鹿センベイは無し。

IMGP0253.jpg
すぐ脇を悠々と歩く鹿。

東大寺を出ると、ひとまず南下。
国道25号を使ってスタート地点に戻るつもりだったのですが、
まったく道がわからない。
とりあえず、地元のロードバイク乗りの後ろを少し距離をあけてついて行くことに。

しかしこのロードバイク、結構良いペースで飛ばしていきます。
しかも、余裕の巡航走行っぽい。

しばらく走ると国道25号の看板が現れたので、見知らぬロードバイク乗りとはお別れです。

国道25号沿いにある重要史跡といえば法隆寺(跡じゃないし)。
法隆寺には行ったことが無かったので、寄り道していくことにしました。

IMGP0262.jpg
法隆寺西側伽藍の金堂です。
均整のとれたいい感じの建物です。
中は国宝、重文だらけ。

IMGP0261.jpg
五重の塔です。
木造五重塔として現存世界最古です。

IMGP0269.jpg
回廊部の柱。
中央部のふくらみが、古代ギリシャの柱の様式エンタシスと同様だと昔聞いたような。


法隆寺をでてからは国道25号を大阪方面に。
大阪方面からは、どんどんロードバイク・クロスバイクが登ってきます。
皆さん結構なペースで走っていますね。

IMGP0273.jpg
交通量の多い国道はあまり面白い道ではないので、
大和川沿いを下っていくことにしました。

どうせなら海まで行くかと思い、
途中、道がなくなったり、迂回したら道に迷ったりしながらも、
行ってしまいました。

IMGP0277.jpg
さんふらわぁ号をバックに記念撮影。

その後は、日本橋で少し買い物をして帰宅。

走行距離133km、獲得標高847m Ave.23km でした。



by Team-M Iibuchi
スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

今季初夕霧峠58km(2012.6.3)【北陸】

夕霧峠
Team-Mとしては今季初の夕霧峠に行ってきました。
参加者は、No.3ことKoshi、Hide、Iibuchiの3名。

俵
金沢から夕霧峠を目指すとすると、
金沢大学の角間キャンパスを通ってというのが、
よく走られるルートかと思いますが、
今回は、太陽が丘の坂をの登っていきました。
足があったまっていないのか、7~8%の勾配が苦しくてたまりません。
標高200mほどまで登ると、俵町に入り一旦平地となります。
写真は、俵町を走行中のまだ表情に余裕のあるKoshiとHide。

岩魚坂
俵町を過ぎると、再び登り坂です。
写真は、通称「岩魚坂」。岩魚を売っているのでそう呼ばれるようになったらしいです。

激坂区間
「岩魚坂」を過ぎ少し行くと、角間側からの登り坂最大勾配区間の始まりです。
看板は12%勾配ですが、どうみてもそれ以上ありそうな場所もあります。

スキー場前
なんとか激坂区間を突破し医王山スキー場前を通過。
標高約400m。

ゲート
登山の方々と挨拶を交わしたり、
時折ある勾配の緩い坂で足を回復させたりしつつ登っていくと、
冬季閉鎖用のゲートにたどり着きます。

へとへと
ここで標高約600m。
もうへとへとですが、最期の力を振り絞りさらに登っていきます。

頂上
ついに夕霧峠に到達。
標高は850mです。
眼下には砺波平野。イオックスアローザが見えます。

来た道
登ってきた道です。

夕霧峠
夕霧峠で記念撮影。

下り
夕霧峠でしばし休憩した後、
イオックスアローザ側へ下っていきます。
写真はルート上にあった砂防ダム。

福光
5月に何度も走った砺波平野の快走路。

水の補給に道の駅福光へ寄り道。
ついでに、ソフトクリームも補給。

医王山トンネル
帰路は県道27号線。
激坂区間も無く、路肩も広い箇所が多いので走りやすい道です。

途中にある医王トンネルは、勾配も比較的緩いので、涼しくて気持ちいいです。

直売所
県道27号のピークにある直売所。

いつものおにぎり
ここのおにぎりは、もちもちしてて旨いです。

最期の激坂
長い下り坂を下り、二俣を越え、本日最期の坂らしい坂に突入。
売り切れ寸前の足に鞭をうちクリア。

メーター
夕日寺を通って帰還しました。

サイクルメーターの走行距離は58km。
獲得標高1213m、Ave.20kmでした。


走行ルート図

私事ですが、月曜日から大阪に異動します。
次のエントリーは大阪からになると思います。

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

Team Profile

TeamManager

Author:TeamManager
石川県金沢市を中心に活動しているCycling Team「Team-M」の連絡用ブログです。
現在、管理人が奈良にいるので奈良近郊の記事が多めになっています。

Category

About Us (1)
年間予定 (2)
走行予定 (11)
走行記録 (27)
メンバー (1)
雑記帳 (41)
未分類 (0)
10月11日(月・祝)『こまつマラソン勧進帳』へ参加してきました。 (0)

Recent Entry

Recent Comment

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

Access Counter

RSSリンクの表示

Twitter

QRコード

QR