FC2ブログ

2013-07

奈良-琵琶湖往復 140km 2013.07.28【自主トレ】

ご無沙汰しております。
皆様お元気にしてますでしょうか。

梅雨時でなかなか走れない日々が続いていたかと思えば、
今度は暑さで走りたくない日々がやってきました。
とはいえ、今年のツールドのとへの参加日も決まった(1日目へ参加)ということで、
そろそろ走り始めないとなぁと思う今日この頃。
久々に自主トレ記録をUPします。

今回の自主トレは、奈良から信楽を通って琵琶湖へ行くことだけを決め、
ルートはノープランです。

s-P7280021.jpg
暑さを避けるには朝夕の涼しい時間帯が良いと、昼の暑さを避け、朝の5時30分に出発。
さすがに心地よい気温です。

s-P7280026.jpg
まずは和束に向けて走行。

s-P7280027.jpg
お茶の名産地だけあって茶畑が道沿いに広がります。

s-P7280029.jpg
和束のコンビニで朝飯を摂って再出発。
川沿いに信楽へ向かいます。
勾配は概ね2%以下。
4%を超える勾配は時々現れる程度。
景観の良さもあって心地良いサイクリングルートです。

s-P7280031.jpg
和束からの緩やかな登りも、最後の数百mが6%程になるだけで終了。
ここから信楽へは緩やかに下っていきます。

s-P7280032.jpg
グリーンロードを通って水口に抜けようかと思っていたところ、
紫香楽宮跡の看板をみつけ左折。

s-P7280033.jpg
紫香楽宮(甲賀宮)跡で記念撮影。
(現在では甲賀寺跡とするのが有力。この近辺で宮を造るのなら開けた宮町地区が妥当ですね。)
公式には数ヶ月しか都ではなかった紫香楽宮。
なんでここに都を移そうとしたのか理解できませんが、避暑地には良い感じかも。

特に散策することも無く紫香楽宮跡をあとにして
目的地琵琶湖を目指します。

しかし、大まかな方向だけで、ルートについてはノープラン。

s-P7280034.jpg
なので・・・峠越えの道は崩落やら倒木やらでシクロクロス状態な箇所も。
素直に水口に向かえば良かった・・・

s-P7280035.jpg
走行できる区間もウェット&ダスティ。
下りは怖いよー。

s-P7280036.jpg
神経を使った峠越えを終えて滋賀の平地へ。

s-P7280037.jpg
なんやかんやで琵琶湖に到着。
草津のイオンで休憩をとろうとしましたが、時間が早くフードコートは開いておらず断念。
まだまだ元気だったので瀬田川を下って宇治へ向かうことにしました。
(ここで水だけは補給すべきだった・・・後悔先に立たず)
瀬田川と琵琶湖の接続域には、ボートが多く出ていて気持ちよさそう。
山合の渓谷区間に入っていきます。

s-P7280040.jpg
瀬田川沿いの道は、片側交互通行区間が多く快走路とはいきませんでしたが、
季節さえ良ければいい感じの道です。

小刻みなアップダウンを繰り返しつつ瀬田川右岸を下って行くと、
滋賀と京都の境、曽束大橋にたどりつきます。
ここまでは瀬田川。ここから下流は宇治川です。


ここから先も小刻みなアップダウンはあるものの、大したことはないはず・・・

だったのですが、暑さのためか突然足が回らなくなります。

ダブルボトルの水もすでに無く、必殺技のボトルシャワーも使えません。

宇治にたどりついた頃には、登り坂で電動自転車のマダムを追い越せないくらいボロボロ。

這いずるようにスーパーのフードコートに潜り込み、水分補給とクールダウンを図ります。

s-P7280041.jpg
なんとか動けるようになってから木津川沿いを南下。
ポタポタと帰宅しました。

これからの暑い時期、もっと暑さ対策をせねばと反省です。



距離:142.8km
獲得標高:947m

by Team-M Iibuchi
スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

Team Profile

TeamManager

Author:TeamManager
石川県金沢市を中心に活動しているCycling Team「Team-M」の連絡用ブログです。
現在、管理人が奈良にいるので奈良近郊の記事が多めになっています。

Category

About Us (1)
年間予定 (2)
走行予定 (11)
走行記録 (27)
メンバー (1)
雑記帳 (41)
未分類 (0)
10月11日(月・祝)『こまつマラソン勧進帳』へ参加してきました。 (0)

Recent Entry

Recent Comment

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

Access Counter

RSSリンクの表示

Twitter

QRコード

QR