FC2ブログ

2021-05

ツールドのと2013 翌日

えー再び更新が遅くなりました。

2013年のツールドのとは、1日目への参加だったので、
2日目は、Team-Mメンバーのみで内灘まで帰ることになります。

IMG_0236.jpg
生憎、朝の天候は雨。小雨なのが救いです。

IMG_0388.jpg
穴水に到着。
休暇中の上田さんが激励に現れる。

IMG_0395.jpg
記念に集合写真。

IMG_7679.jpg
雨で体温を奪われるのでそそくさと出発。

IMG_0400.jpg
車が跳ね上げたしぶきも雨の嫌なところ。

IMG_0546.jpg
中島峠に到着。

IMG_7698.jpg
すかさずソフトクリームでドーピングするMurota。

IMG_0644.jpg
中島峠を出発する頃には、雨もあがっていました。
ご機嫌なMichiuraさん。

IMG_0715.jpg
最期はまた雨に降られましたが、
追い風に助けられ内灘へ帰還しました。

生憎の天候でしたが、大きなトラブルも無く
帰還できてよかったです。

サポートしていただいたNakataniさん、Tamuraさん、Kakuoさん、
ありがとうございました。

来年は、400kmですか?ふぇると・えふふぉーさん。

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ツールドのと2013 1日目

毎年恒例の「ツールドのと」へ、今年も参加してきました。

今回エントリーしたコースは、1日目の内灘から輪島への120kmです。

参加者は、
 No. 3 Koshi
 No. 5 N.Murakami
 No. 6 ふぇると・えふふぉー
 No. 7 Y.Yoshida
 No. 8 T.Michiura
 No. 9 T.Miyazaki
 No.10 T.Maki
 No.11 S.Murota
 No.14 Iibuchi
 No.34 M.Kikukawa
 No.87 Hide
以上11名。

いつもお世話になっているサポート隊は、
Nakataniさん、Tamuraさん、Kakuoさん。
今年もありがとうございました。

IMG_0011.jpg
スタート前の記念撮影。朝から暑いです。

IMG_7487.jpg
スタートからKikukawaに引いてもらい隊列を組んで走行。

IMGP0048.jpg
IMGP0049.jpg
IMGP0050.jpg
多少ばらけましたが、ほぼ順調に第一休憩所へ到着。
皆、暑さにうんざり気味。

P9140021.jpg
1日目は、小さなアップダウンはあるものの平坦基調。
特に前半は信号の多さもあり、面白みのあるコースといかないところが残念なところ。

P9140023.jpg
とはいえ、巌門のあたりからは「能登」らしく、美しい景観が味わえます。

IMGP0059.jpg
Murakamiさんの落車、Makiさんの落し物などトラブルはありましたが、
なんとかMurotaおすすめの昼食ポイントに到着。
豊富なメニューに舌鼓。

IMGP0060.jpg
昼食後は自転車パーツ談義。
「安物は磨耗したソールを交換できないんだ」by koshi

IMGP0064.jpg
昼食後、調子にのってとばしていたら結構バテバテ。

IMGP0066.jpg
毎年恒例の「足つったー」。

IMG_0133.jpg
唯一の峠道、丸山峠。
100km走ってからなので、さすがにキツイ。

IMG_0202.jpg
丸山峠も越えて全員無事?輪島へゴール。

IMGP0074.jpg
到着後には汁物で栄養補給。

P9140025.jpg
本日の宿に到着。
日本海に沈む夕日を眺められる良い宿です。

IMG_7572.jpg
美味しい能登の食に舌鼓しつつ明日に備えます。

by Team-M iibuchi

奈良-琵琶湖往復 140km 2013.07.28【自主トレ】

ご無沙汰しております。
皆様お元気にしてますでしょうか。

梅雨時でなかなか走れない日々が続いていたかと思えば、
今度は暑さで走りたくない日々がやってきました。
とはいえ、今年のツールドのとへの参加日も決まった(1日目へ参加)ということで、
そろそろ走り始めないとなぁと思う今日この頃。
久々に自主トレ記録をUPします。

今回の自主トレは、奈良から信楽を通って琵琶湖へ行くことだけを決め、
ルートはノープランです。

s-P7280021.jpg
暑さを避けるには朝夕の涼しい時間帯が良いと、昼の暑さを避け、朝の5時30分に出発。
さすがに心地よい気温です。

s-P7280026.jpg
まずは和束に向けて走行。

s-P7280027.jpg
お茶の名産地だけあって茶畑が道沿いに広がります。

s-P7280029.jpg
和束のコンビニで朝飯を摂って再出発。
川沿いに信楽へ向かいます。
勾配は概ね2%以下。
4%を超える勾配は時々現れる程度。
景観の良さもあって心地良いサイクリングルートです。

s-P7280031.jpg
和束からの緩やかな登りも、最後の数百mが6%程になるだけで終了。
ここから信楽へは緩やかに下っていきます。

s-P7280032.jpg
グリーンロードを通って水口に抜けようかと思っていたところ、
紫香楽宮跡の看板をみつけ左折。

s-P7280033.jpg
紫香楽宮(甲賀宮)跡で記念撮影。
(現在では甲賀寺跡とするのが有力。この近辺で宮を造るのなら開けた宮町地区が妥当ですね。)
公式には数ヶ月しか都ではなかった紫香楽宮。
なんでここに都を移そうとしたのか理解できませんが、避暑地には良い感じかも。

特に散策することも無く紫香楽宮跡をあとにして
目的地琵琶湖を目指します。

しかし、大まかな方向だけで、ルートについてはノープラン。

s-P7280034.jpg
なので・・・峠越えの道は崩落やら倒木やらでシクロクロス状態な箇所も。
素直に水口に向かえば良かった・・・

s-P7280035.jpg
走行できる区間もウェット&ダスティ。
下りは怖いよー。

s-P7280036.jpg
神経を使った峠越えを終えて滋賀の平地へ。

s-P7280037.jpg
なんやかんやで琵琶湖に到着。
草津のイオンで休憩をとろうとしましたが、時間が早くフードコートは開いておらず断念。
まだまだ元気だったので瀬田川を下って宇治へ向かうことにしました。
(ここで水だけは補給すべきだった・・・後悔先に立たず)
瀬田川と琵琶湖の接続域には、ボートが多く出ていて気持ちよさそう。
山合の渓谷区間に入っていきます。

s-P7280040.jpg
瀬田川沿いの道は、片側交互通行区間が多く快走路とはいきませんでしたが、
季節さえ良ければいい感じの道です。

小刻みなアップダウンを繰り返しつつ瀬田川右岸を下って行くと、
滋賀と京都の境、曽束大橋にたどりつきます。
ここまでは瀬田川。ここから下流は宇治川です。


ここから先も小刻みなアップダウンはあるものの、大したことはないはず・・・

だったのですが、暑さのためか突然足が回らなくなります。

ダブルボトルの水もすでに無く、必殺技のボトルシャワーも使えません。

宇治にたどりついた頃には、登り坂で電動自転車のマダムを追い越せないくらいボロボロ。

這いずるようにスーパーのフードコートに潜り込み、水分補給とクールダウンを図ります。

s-P7280041.jpg
なんとか動けるようになってから木津川沿いを南下。
ポタポタと帰宅しました。

これからの暑い時期、もっと暑さ対策をせねばと反省です。



距離:142.8km
獲得標高:947m

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

若狭路センチュリーライド2013 2013.05.23【大阪】

昨年に引き続き、若狭路センチュリーライドへ参加してきました。
参加メンバーは、Michiura、Maki,Iibuchiの3名。
今年のコースは、昨年よりも距離・獲得標高差ともにボリュームUPということで、
準備不足のメンバーとしては厳しいライドになると予想されました。

130523-01.jpg
エントリー時間制限ぎりぎりに会場入り。
急いで自転車を組み立てるメンバー。

130523-02.jpg
入念にウォーミングアップ(嘘です、てきとーです)。

130523-03.jpg
スタート前の記念撮影。

130523-05.jpg
若狭路センチュリーライドの目玉、三方五湖レインボーラインを駆け上がり、展望台にて休憩。
昨年一度走っているせいか楽に感じました。

130523-06.jpg
三方五湖をバックに記念撮影。

第1エイドは、昨年よりも遠い水晶浜。
白い砂浜が美しい海岸です。
水晶浜までの道のりは昨年と同じく追い風でらくちん。
エイドでは、へしこ茶漬けとお菓子を食べてほっと一息です。

エイドを出てトンネルを抜けると向かい風。
これも昨年と同じ。
この季節はこんな風向きなのでしょうか。

130523-07.jpg
第2エイドは、今年も梅ずくし。
どら焼きで栄養補給して次のエイドへ向かいます。

向かい風は更にきつくなり、走行速度は20km/h以下。
途中から昨年のコースからそれ熊川宿に向かいます。
丘陵地帯の緩い登り坂をダラダラと登り、
もうそろそろ熊川宿かと思いきや・・・激坂出現。

ヒイヒイ言いながらクリアすると、やっとこさ第三エイド熊川宿です。
130523-08.jpg
まだ行程も半ばなどというのに疲労が顔にでています。

第3エイドからは再び追い風。
ペダルを漕がなくても30km/hで進んでいきます。

平坦区間が終わると、再び丘陵地帯。
練習不足の我々には、足にダメージが蓄積する区間になりました。
コース選定者を呪う声が聞こえた気がしましたが、気のせいでしょう。

足を使いきって第4エイドへ到着。
くずまんじゅうとキュウリで栄養補給。

最終区間は、海岸沿いのアップダウンが続く道。
ここを最後の力を振り絞りクリア。

全員無事に完走しました。

130523-09.jpg
完走後は、ウニ、サザエ、フグ汁で慰労会。

130523-10.jpg
お疲れさまでした。



走行距離:157km
獲得標高差:1738m

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ツール・ド・加賀2013 2013.04.29【北陸】

立杉峠
ツール・ド・加賀のメインイベント立杉峠での記念撮影。

昨日(2013.4.29)、サイクルショップカガさんが毎年開催されているサイクリングイベント、
ツール・ド・加賀に参加しました。
今回がTeam-Mとして初参加。

今回の参加者は、
 No. 3 Koshi
 No. 6 ふぇると・えふふぉー
 No.11 S.Murota
 No.14 Iibuchi
 No.34 M.Kikukawa
 No.87 Hide
以上6名。

s-P4293467.jpg
少々肌寒いながら、心地良い天候の中スタート。

s-P4293472.jpg
まずは、新緑が映える加賀の田園地帯をゆったりと?走行します。
この季節の北陸は、ほんとに綺麗です。

s-P4293474.jpg
エネルギーを温存しつつ丘陵地帯もクリア。

s-P4293476.jpg
s-P4293477.jpg
ツール・ド・加賀のメインイベント、標高407mに達する立杉峠チャレンジ前。

s-P4293481.jpg
立杉峠制覇後、登ってきた坂をバックに、ツールド能登のレジェンドFURUKAWAさんと記念撮影。

s-P4293482.jpg
立杉峠を越えれば、あとはクルージングと思いきや、どんどん上がるアベレージ。

個人的にはパンクやチェーントラブルもあってなかなかハードなサイクリングになりました。

次回の走行予定は、昨年よりちょっとだけきつくなった若狭センチュリーライドです。



走行距離:111.2km
獲得標高:884m

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

のと里山海道サイクル

能登有料道路の無料化記念イベントということで9月14日(日)のと里山海道サイクルに参加しました。
参加メンバーは、北陸チーム全員+バト仲間です。
参加者が1300人以上ですごい盛り上がりです。




IMGP0011.jpg
スタート前受付会場で記念撮影


IMGP0013.jpg
スタート前待機中です。


IMGP0014.jpg
こちらもスタート前です。まだほとんど走ってないので元気がいいうちに一枚


IMGP0017.jpg
9:15ゆっくりスタート
一人トイレで遅れほぼビリスタート
40km/h以上で走行するが全然追いつけない。行きは追い風なのでみんな早い!!


IMGP0019.jpg
あっという間に折り返し地点


43f4fd7d-s.jpg
海岸線の景色を眺めながら、ゴールを目指すが・・・
向かい風がすごい!進まない。
かわいい女の子発見?後ろに着いたけどすぐにちぎられ息も絶え絶えゴール
ゴールするともらえたかほっくりソフトが美味しかった~
海からの風を全身で受けながら、貴重な体験を楽しみました。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

2013年 年間スケジュール(案)ver.1

大会詳細日程等決定次第追記していきます。

Team-M 2013年暫定スケジュール

■1月~3月
 [練習]自主練習

■4月
 [練習]どこかへツーリング

■5月
 [練習]トレーニング
 [大会]5/26 若狭路センチュリーライド【大阪参加予定】
    エントリー期間 2/1~4/28(今回はおにぎり有)

■6月
 [大会]6/2?グランフォンド富山【北陸参加予定】
 [練習]どこかへツーリング

■7月
 [練習]どこかへツーリング

■8月
 [練習]自主練習

■9月
 [練習]どこかへツーリング
 [大会]9/14 ツール・ド・のと【全員参加予定】
  1日目へ参加です。

■10月
 [練習]どこかへツーリング
 [大会]グランフォンド福井【北陸参加予定】

■11月~12月
 [練習]自主練習

※大会開催日が発表されていないため2012年開催月を参考にしています。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

奈良-和歌山-大阪 180km 2013.01.06【自主トレ】

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

最近、ブルベが気になるTeam-M Iibuchiです。

ブルベといえば、1回の走行距離が最低でも200km。
ブルベにチャレンジするにしても、
まずは自分が現在どの程度は知れるかを知っておく必要があるでしょう。

ということで、新年1回目の自主練としまして、
昨年末に断念した「奈良-和歌山-大阪-奈良(辛くなったら輪行で帰還)プラン」へ
再チャレンジしてきました。

20121007P1052265.jpg
国道24号をメインに、時折吉野川(紀の川)沿いを下っていきました。

20121007P1052268.jpg
途中、九度山にある真田庵へ立ち寄り。

20121007P1052270.jpg
敬愛する真田昌幸の墓へ参拝。

20121007P1052264.jpg
途中、休憩箇所で食した日本一たい焼きと言う名前のたい焼き。
薄皮パリパリであんこたっぷりです。

20121007P1052271.jpg
紀の川沿いを河口へ向けて爆進し。

20121007P1052273.jpg
やっとこさ和歌山の海に到達。
ここまでで100kmオーバー。

20121007P1052275.jpg
和歌山と言えば、和歌山ラーメン。
特に事前調査はしていなかったので目についたお店に入ることにする。
とりあえず一押しらしい中華そばを注文。
出できたラーメンは、細麺のとんこつ醤油味、少しこってりなの風。
塩気がかなり強いので評価が分かれるかも。
元車庫前○宮 紀ノ川大橋湊店


食後は、ひたすら大阪方面へ向けて爆走(気持ちだけ)していたので写真はありません。

和歌山と大阪の県境(孝子峠)でヘロヘロになったり、
電柱にショルダーチャージしたのはないしょです。
到着予想時間から奈良帰還は断念。

20121007P1052277.jpg
9時出発で19時到着。
走行距離は、自身最長の180kmオーバー。
休憩時間も含めてAve.18km/hでした。

ブルベ200kmの制限時間は13.5時間なので、
(坂が少なければ)なんとか走れるかもといった感じです。
もう少しレベルアップする必要がありますね。


走行距離:183km
獲得標高差:575m

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

奈良-吉野-奈良107km 2012.12.23【自主トレ】

吉野川
千石橋から見た吉野川。

Team-M Iibuchiです。
いよいよ2012年も余すところ1週間になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はと申しますと、なんやかんやと自転車に乗れない日々が続いております。
先週末は、久々に遠出してきました。

奈良から京都方面、北へ向かうことが多かったので、
今回趣向をかえて奈良盆地を南に向かうことにしました。
ルートプランは、奈良-和歌山-大阪-奈良(辛くなったら輪行で帰還)プランです。

まずは奈良自転車道と飛鳥葛城自転車道を結び、
大和高田バイパスから先も葛城川を南下。
ペースはなかなか上がらない。
寒さと最近の練習不足のためでしょうか。

国道24号に至ったあたりで右膝に痛みが・・・
和歌山まで60数kmの看板をにらみ、あっさりとルートプラン変更。

室交差点から吉野方面に向かうために国道309号へ。
奈良盆地に別れを告げます。

竜門山地を越え、吉野川を千石橋で渡り、県道39号を東へ進みます。
この県道39号、車通りもさほど多くなく自転車向きの良い感じの道です。

吉野神宮
そのまま吉野の町まであっさり到達。
とりあえず、近場のランドマーク?吉野神宮へ向かいます。
吉野神宮は、後醍醐天皇を祭神とする神社。
創建は明治25年と若い神社です。

ここから南の山々がなんとなく楽しそう(苦しそう)ですが、今回はここまで。

再び竜門山地を国道169号に沿って越え、
次なる目的地、飛鳥へ向かいます。

高松塚古墳
まず向かったのは壁画で有名な高松塚古墳です。
思っていたよりも小ぶりな古墳でした。

高松塚古墳のある国営飛鳥歴史公園内には、
他にも複数の古墳があって、さながら古墳銀座。
日本の王家の谷か?といった感じです。

亀石
飛鳥と言えば数々の奇岩も有名。
写真の石は亀石です。
いつ、なんの目的で作られたかは謎です。

石舞台古墳
これまた有名な石舞台古墳です。
元は土を盛りあげて作った墳丘だったのが、石室だけむき出しになったものだそうです。

古代ロマンに浸っていると、まさかの雨。
他にも寄ってみたいところがありましたが、飛鳥の地を後にしました。

帰路は、12月の冷たい雨にうたれ、痛みが増す膝をいたわりつつ進み、
強くなる向かい風に足を使い切りってヘロヘロ状態で帰還。

2012年もこれで走り納めです。
皆様、良いお年を。



距離:107.7km
獲得標高差:835m

奈良-嵐山107km(2012.11.25)【自主トレ】

20121125-04s.jpg

随分と更新が滞ってしまいましたが、淡路での落車・故障からなんとか復活したIibuchiです。

秋のベストシーズンは過ぎ去ったものの、まだまだ走れる季節(北陸を除く)。
ということで先週末は、リハビリを兼ねて奈良から嵐山まで行ってきました。

20121125-01.jpg
奈良からは木津川サイクリングロード(京都八幡木津川自転車道線)にて京都へ向かいます。
このほぼフラットな木津川の土手を走る自転車道は、自転車乗りだらけです。
チームユニを着た方々が結構なハイスピードで駆け抜けていきます。
私はと申しますと、故障前に走れた巡航速度では到底走れませんので、
現時点で維持できるギリギリの速度でクルージング(Ave.23km/h 遅~)です。


20121125-05.jpg
木津川と淀川の合流点。
個人的には木津川サイクリングロード一番の絶景ポイントと思ってます。
ここからは、桂川沿いを北上していきます。

20121125-02.jpg
サイクリングロードは、途中、桂川から鴨川へとシフトしていくので、
嵐山へ行くためには、桂川沿いに進路変更する必要があります。
サイクリングロードには、これといった案内も無いので、初めて行かれる方は要注意です。
(私は初めてここを走ったときに、ひたすら鴨川を北上してしまい嵐山に辿り着けませんでした)

20121125-03.jpg
左折して橋を渡り300mほど進むと桂川手前に交差点があるので右折します。
あとは案内通りに進めば嵐山まで行けます。

20121125-04s.jpg
調子に乗ってノンストップ走り続け、AM11時頃に嵐山に到着。
思い描くようなスピードは出せませんでしたが、
久々の自転車は、やっぱり気持ち良いですね。

嵐山の紅葉は、残念ながらすで時期を過ぎていましたが、観光客で溢れていました。
もう少し早い時間の方が静かでよかったかな。

観光地価格のお好み焼きを食べて奈良に戻りました。
(復路は、ハンガーノックの為かAve.19km/h!完全復活の道は遠い・・・)


往路


復路

by Team-M Iibuchi

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

«  | ホーム |  »

Team Profile

TeamManager

Author:TeamManager
石川県金沢市を中心に活動しているCycling Team「Team-M」の連絡用ブログです。
現在、管理人が奈良にいるので奈良近郊の記事が多めになっています。

Category

About Us (1)
年間予定 (2)
走行予定 (11)
走行記録 (27)
メンバー (1)
雑記帳 (41)
未分類 (0)
10月11日(月・祝)『こまつマラソン勧進帳』へ参加してきました。 (0)

Recent Entry

Recent Comment

Monthly Archive

Links

このブログをリンクに追加する

Mailform

名前:
メール:
件名:
本文:

Access Counter

RSSリンクの表示

Twitter

QRコード

QR